印鑑は安全性に注目

カテゴリ

インフォメーション

印鑑は大切に取り扱おう

ネット社会で実印は必要? 最近はネット銀行の口座を開設する場合やカードローンを契約する時も、実印どころかサ…

Read More

印鑑は安全性に注目

銀行印でも実印登録できます 実印登録とは、自分が持つ印鑑を、自分が住民登録をしている役所に自分の「姓名」を…

Read More

実印や銀行印は厳重な管理が必要

実印や銀行印の書体はどれを選べばいい? 実印や銀行印を作ろうとした時、書体をどのようにするかで悩んではいま…

Read More

女性は姓ではなく名で登録することも

実印と銀行印は違う素材で作るのがオススメ 印鑑を選ぶとき、使う目的を考えます。何に使うか?銀行印と実印、兼…

Read More

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

銀行印でも実印登録できます

実印登録とは、自分が持つ印鑑を、自分が住民登録をしている役所に自分の「姓名」を彫刻したハンコを登録申請し、受理された印鑑のことを言います。印鑑を販売する業者の中には、実印5000円、銀行印3000円、認印1000円とセット販売をしている場合もありますが、銀行に届けるのは、認印でも可能です。それと同じで、実印はこういった業者が作った、機械彫りでない印鑑なら、銀行印でも印鑑登録をすることができ、実印になりえます。
受理され登録されたものが、「実印」と認められますので、しっかりと機械彫りでないものなら、2000円程度の人造象牙や竹の印鑑、黒水牛、プラスとチタンといった金属のものでも、「実印」になります。そういった意味では、銀行印と実印をわざわざ買えてる創る必要はありません。基本的には100均のハンコでもダメとは言われませんが、住宅の購入や自動車など財産を購入する際には実印が必要になります。
自分の印鑑証明と、実印があって成立する「契約」は他の契約よりも重要で、簡単に他人が真似をしたり、偽造できるものであっては困ります。そのために会社の社印もそうですが、契約の重要さを考え、二つと同じものがない、手彫りのものが良いとされ、機械彫りは避けた方良いと言われています。また、女性の場合は「名」で作っておくと結婚後も使えると言われ、私は、「姓」ではなく「名」の実印を登録しています。

実印と銀行印の違いや使い分ける理由

親元を離れると作る機会がある実印と銀行印ですが、そもそも何が違うのか、同じものを使っているという方のために使い分けた方がいい理由を説明していきます。
【実印】実印は住民登録をしている各市町村で印鑑登録をした印鑑のことです。主に自動車を購入する場合などと言った大きな金額を使う時に必要です。
【銀行印】銀行印は銀行で口座開設をするときなどに必要となる印鑑です。本人確認の一つとしてとても重要な印鑑です。この二つの印鑑は同じ一つの印鑑を使い回すことも可能です。使い分けることをオススメします。なぜかと言うと、一つ目に偽造や不正の防止のためです。銀行印も実印も充分大切ですが、実印の方が信頼性の高い印鑑です。銀行印は比較的使う機会が多いですので同じにすると実印の印影も使うことになるので偽造や不正のリスクが高まります。
二つ目に破損や劣化を防ぐためです。どちらも大切なものですので長持ちさせるためにも認印よりも高級な素材を使って作ると思います。高級な素材だと劣化には強いですがそれでも使い続けると劣化してしまいます。実印は再度印鑑登録をするなどの手間にもなりますので、二つを長く大切に使うためにも使い分けることをオススメします。このように実印も銀行印も大切なものですので安全性や長く大切に使うことを考えると2種類を使い分けるようにしましょう。

最新記事一覧

2017年12月14日
女性は姓ではなく名で登録することもを更新。
2017年12月14日
実印や銀行印は厳重な管理が必要を更新。
2017年12月14日
印鑑は大切に取り扱おうを更新。
2017年12月13日
印鑑は安全性に注目を更新。

トレンド記事

女性は姓ではなく名で登録することも

実印と銀行印は違う素材で作るのがオススメ 印鑑を選ぶとき、使う目的を考えます。何に使うか?銀行印と実印、兼…

more

実印や銀行印は厳重な管理が必要

実印や銀行印の書体はどれを選べばいい? 実印や銀行印を作ろうとした時、書体をどのようにするかで悩んではいま…

more

Copyright(C)2017 実印や銀行印を作るなら何かとメリットの多い専門サイトがオススメ All Rights Reserved.